PROFILE

Rishia Watanabe(渡邊 里詩亜 わたなべ りしあ)

山梨県生まれ。

彫刻家/ジュエリーデザイナーの父親の影響で、幼少より藝術に深く触れる環境に育つ。

世界のアート、民俗文化、Aroma、ジュエリー。大学時代に、Blues,FUNK,Hard Rock,Classicなど音楽に傾倒する。企業デザイナーとして10年以上の経験を積み、2018年独立。現在に至る。 多摩美術大学彫刻科出身。


菜食主義でもあり、環境に優しい生活を送っている。日本ではまだなじみの少ないEthial Artist(エシカルアーティスト)のひとり。「一般的には聞こえないなにか」「視えないなにか」を感じ取る能力をふんだんに発揮し、アートやデザインに反映させている。

デザインしたアイテムは映画やドラマでも使用され、本人もデザイナーとしてテレビ出演経験もあり。

独自の感覚を用いたヒアリングで、クライアントの「本音」を引き出し視覚化する特技を持つ。

ノンバーバルな表現、コミュニケーションに傾倒しつつ、クライアントには、経営者・アーティストなどが多く、世界観を大切にしたフレキシブルなデザインと、結果の速さに定評がある。


Biography :雑誌 装苑 SPUR Precious VOGUE Japan FIGARO 他 :TV   NHK-Eテレ 日テレ-ZIP 他  順不同


インタビュー記事