我々は受容体である 2018

ロゴだけを見ていると
どうしても、いろいろ盛り込みたくなる氣持ちもわかります。

そこをぐっとこらえて
想いを込める
っていう方法があります。

視覚化しなくても、伝わること。

それが、にんげんの面白いところ。

説明しすぎると、
ああ、わかってるよ!とおなか一杯になってしまうような
あの感じです。

わたしたちには「五感」という感覚を与えられていますから。
いや、それ以外もありますけど。

受容体としての部分を刺激することでおこる
なにか が好きで
そういう部分を意識して デザインしています。

今日も、最後までお読みいただきありがとうございます。

2017年の記事の再編集です。

Studio16 Art & Design.

ビジネスに、美しさを。

Studio16 Art & Design.

ビジネスに、美しさを。