Studio16

記事一覧(90)

デザインとアート

5月が終わるー。すべてが平成最後ってことで、たのしんでいます。わたしは、アーティストでもあるし、デザイナーでもある。他にもいろいろ。体質はアーティストかな?メインの仕事はデザイン。デザインとアートは、似ているようで真逆の性質を持っているんじゃないかなって思う。デザインするときは、アウトプットしている感覚があまりない。組み立てていく感覚。お客さんも喜ぶ。思考優位。制限の中の自由。創作(アート)するときは、アウトプットしている感覚。批判もされるし、感動もされる。それほどに、無条件で人の心が動く。思考は停止する。無限の中で何かを切り取るような感覚。そうそう批判も感動も、うけとるエネルギーとしては同じ。批判されても、ニヤニヤしちゃう。「わからない」って言われると、だよねーってなる。思考で対処しようとしても、無理だと思うから。言葉で説明できるなら、言葉を使えばいいしそもそも、説明でも何でもないからこそわたしは創作をする。目的もない。やりたくてやってる。必要とされてないからこそ出来ることもある(笑)アートに関わらず、批判が怖くてやりたいことが出来ないひとへ。批判は賞賛に値する。凡人には理解されないことをしている証拠。傷つかないで喜んで。楽しくてやりたくて、喜んで喜んで遊び続けているだけで世界は変わります。うーん、非常に面白い。